セルライトとは

思春期以降の太った人から、痩せた人まで、ほんどの女性にみられる現象がセルライトと呼ばれるものです。セルライトは妊娠線とも呼ばれ、原因として皮下組織の血行不良が原因だといわれています。胎児の成長や脂肪の要因で、皮下組織が急激に増大することで起こります。
ダイエットを繰り返し過ぎた体は太りやすい体質になってしまいます。体脂肪の多い人や、皮下脂肪の多い下半身部分(お尻、太もも、など)や、二の腕に出来やすいようです。セルライトが太ももなどにでき、悩むひとは大勢います。太っていなくても代謝の低下や、血行不良などが主な原因です。皮膚の表面にある、ボコボコしたものが、まさにセルライトです。
贅肉のつきやすい、お尻、太もも、二の腕などに出来やすい傾向があります。脂肪とセルライトは同じことと思っている人もたくさんいると思います。実際は脂肪ではなく、血流が悪くなったり、リンパの流れが滞ったりすることで出来る、脂肪細胞の変性した状態の事をセルライトと言います。驚くことに、セルライトは脂肪だと思っていましたが、そうではないのです。

セルライトのつきやすい場所

脂肪細胞の割合が比較的多い体の組織内で発達すると言われているのがセルライトです。脂肪の貯蔵や放出をコントロールしている場所がレセプターです。脂肪細胞の中に、このレセプター(受容体)があります。
脂肪が増えたり減ったりするのはこのレセプターが機能しているからです。女性の太ももが痩せにくいのは、脂肪細胞の中に、このレセプターが、特に下半身に多く配置されているからです。ですから、男性に比べて女性の太ももは痩せにくくなっているのです。
例えば太ももの脂肪細胞のレセプターの放出と貯蔵のバランスは均等な数ではなく、放出が1つで貯蔵が6つとなっています。ということは、脂肪を放出するドアが1つしか無いのに比べて、脂肪を貯蔵するドアが6倍もあるということになるのです。
ですから、必然的に太ももは体の上半身などのほかの部位に比べて痩せにくくなっていることがわかっていただけたでしょうか。結果的に、セルライトができやすい部分になっているのが、下半身の中でも太ももなのです。一方、この脂肪に対するこれらの機能をみてみると上半身は、下半身とは全く逆なので、痩せやすく、太りにくいのです。

セルライトの落とし方

体が硬いと脂肪がつきやすいので、まず全身のストレッチを十分してください。毎日ストレッチをやるだけでも随分と違います。
セルライトを落とすには、お風呂上りの体が温まっているときに、セルライト用のマッサージクリームなどを使って下からしごくように揉み上げます。セルライトというのは脂肪の塊なので、強く揉み上げるとつぶつぶが指に伝わってきます。それをつぶすような感じで頑張ってください。結構痛いので少しずつやってください。

スポンサードリンク